Return to site

【Event Report】手作り和調味料の会

和食の魅力を再発見!自家製ポン酢とごまダレで冬の鍋を味わう

· ワークショップ,調味料,和食

1月からスタートしたYOROKOBI kitchenのワークショップ。

普段そんなに料理しないし、料理教室に行くのはちょっとハードルが高い。。。

そんな方にも気軽にYOROKOBI kitchenに遊びに来ていただけるように、

ワークショップという形で日本や海外の食や文化に触れることで
気軽に食文化の体験してもらうことを目的に、これから毎月テーマを変えて

ワークショップを開催して参ります。

第1回目のテーマは「手作り和調味料」

日常の中でも馴染み深い「ポン酢とごまダレ」をつくるワークです!

まずはポン酢。
ポン酢ってどうやって作っているのだろう。ゆずと出汁としょうゆと酢???

ポン酢、実は混ぜるだけですっごく簡単にできちゃうんです。

今回のワークショップでYOROKOBIがチョイスした柑橘類は
「グレープフルーツ」。

え、ポン酢ってゆずでつくるんじゃないの?!

そうなんです。グレープフルーツでつくるポン酢は、
ゆずに比べて酸味も強すぎず、オレンジよりも甘みが少ないので

出汁の風味を生かすのにはちょうどいい塩梅に。

そもそも“PONS”はオランダ語で柑橘系の意味。

“ゆず”とか“かぼす”とかのイメージはあっても、グレープフルーツの頭はなかったので驚き。
手軽に手に入るし、1つからいっぱい果汁も採れるのでお手頃なのです◎

他の柑橘系でつくるのとどう味が違うのか、気になりますよね。

そこでYOROKOBI kitchen特製ポン酢の食べ比べ。

ゆず、グレープフルーツ、オレンジのポン酢、それぞれ食べ比べもしていただきました。

どれもそれぞれ特徴があっておいしいのですが
大根やキャベツなどの甘い野菜にはさっぱりしたグレープフルーツやゆず、
白菜やさっぱりしたお野菜にはオレンジが合うことが判明。
オレンジのポン酢は酸味もまろやかで甘め、女性には好評でした。

果物によって果汁量や調味料の配合も違うので、
おいしい配合を知りたい方は、ぜひYOROKOBI kitchenに遊びにきてみてくださいね♪

もうひとつのゴマダレも安定のおいしさです。

炒ることで部屋中に香り高いゴマのいいにおいが!

また、甘さ加減も自分ごのみに調節できるので、市販のごまダレは

甘すぎてちょっと苦手というお客様でも満足いただけました。
無添加なのでとっても優しい味わいで、擦りたてのゴマの香りがたまりません。

YOROKOBI kitchen特製ごまだれを使った肉味噌の坦々風アレンジレシピもご紹介。

これがまたさっぱりした豆腐に合って絶品なんです。

ラー油を足して担担麺にもできる、お手軽アレンジメニューです。

黒豚と白菜のシンプルお鍋で寒い冬に心温まる夜でした。

お肉と野菜の出汁が良く出た〆の雑炊は料理屋顔負けのお味。

YOROKOBI kitchenのワークショップはエプロンいらず
手ぶらでOK。割烹着も想像以上にかわいくて好評なのです。

今月は2月18日、19日に「土鍋ご飯」を楽しむ会を開催します!
詳しくは次のBlogにて。

YOROKOBI kitchen

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly