Return to site

【Special Event Report】Canada × Japan vol.1

We held a cultual exchange cooking event for Japanese.

· ワークショップ、,国内向けイベント,カナダ

YOROKOBI kitchen meets world【CANADA】

2016.11.27(SUN) @YOROKOBI kitchen Ryogoku Studio

Reported by Yasuko Otsuka

今回、訪日観光客向け料理教室をメインコンテンツに今秋オープンした、YOROKOBI kitchen初の国内向けイベントとして「日本(和)×CANADA」のイベントを開催しました。

食を通して日本の文化体験や異文化交流、国籍関係なくお客様に喜んでいただけるサービスをテーマに活動しているYOROKOBI kitchen。

今回は日本から海外へのアプローチではなく、海外から日本へのアプローチ第一弾として、「カナダ」をキーワードに、その中でも日本では珍しいカナダワインカナダエッセンスを取り入れた和食のコラボを楽しみながらカナダについて知ってもらうお食事会形式のイベントを開催いたしました。

今回「日本(和)×CANADA」で和食とカナダ料理をお料理をお届けするのはYOROKOBI kitchen主宰のNAHOKO。そしてコラボゲストとして、カナダの街の様子やカナダワインについて教えてくれるのは、現在カナダのBC洲ケロウナに住んでいるNAHOKOの姉のERIKOさん。

☞ Today's Special Food Menu

■食前酒(EREFANT ICELAND WINARY)

■前菜3種
 カメリナオイルで食すカルパッチョ
 ベーコンのグリル サスカトゥーンベリーソース
 プティン(ポテトフライwithグレイビー&チーズ)
■和風アクアパッツア
■BCロール
■カリフラワーとかぼちゃのSpicy Cream煮
■ポークジンジャー メープル仕立て
■〆の雑炊
■デザートワインと升入りメープルアイス

まず前菜にカルパッチョを。カルパッチョにかかっているのは、CANADA産カメリナオイル(CAMELIA OIL)。今回はブルージュール・ジャパンさんのOILを使用させて頂きました。

このカメリナオイル、オメガ3のOILの中でも加熱調理可能なすぐれもの。

次世代のスーパーオイルとして注目されています。

カルパッチョにそのままかけてもさっぱりしていて、おいしくいただきました。

そして、ベーコンと合せたのはサスカトゥーンベリーソース。サスカトゥーンベリーはカナダ中西部の果樹園で栽培されているベリーの一種で、カナダではジャムやパイによく使われているそう。味もくどさはなく、日本人の口にもとっても合う風味で大変好評でした。

そして、カナダではファーストフード的にポピュラーな食べ物の「プティン」。フライドポテト×グレイビーソース×チーズチップ。サクサクのポテトとこの組み合わせはやみつきになること間違いありません。

そして今回のメインディッシュのひとつ、ワインにとても合う和風アクアパッツァ。和の出汁とカナダワインもとっても合うんです!白ワインとあわせて楽しみました。

ブリティッシュ(B)コロンビア(C)洲発祥の巻き寿司、BCロール。焼いたサーモンとキュウリ、クリームチーズや海苔などを巻いたロール寿司で現地でも人気のメニュー。

さっぱりしたお寿司に続いてはSpicyなCream煮。濃厚なクリームにスパイスが効いていてワインもどんどん進みます。

白ワインから赤ワインに移行したところで、本日のお肉料理、ポークジンジャーの登場です。この日はお砂糖とみりんの代わりにカナダ産メープルシロップを使って味を調えており、やさしい味でとってもおいしく、カナダと和のマリア―ジュに感動。つけあわせは旬のお野菜、春菊のおひたしでさっぱりと。

☞Special Canadian Wines

日本の酒屋さんではなかなか目にすることのないカナダ産ワイン。カナダのワインは製造量が他の原産国に比べると少なく、地産地消が大半で国外に流通しないものが大半だそうです。

この日用意された5本のカナダワインも見たことのないものばかり!

今回はカナダワインの中でも、オカナガンエリアにあるワイナリーのワインを中心に登場。

白ワインに赤ワイン、高品質のレイトハーベストなど実際にERIKOさんが現地のワイナリーに足を運び、ERIKOさん自分の目で厳選してきた品質の高い美味しいワインをチョイス。

パッケージもとてもかわいく、女性ウケは抜群!ということで参加者みんなでワインを飲んで大盛り上がり!

オカナガンエリアはカナダの中でも特にフルーツの名産地で、ワインもとってもフルーティ。

冷やした状態の白でもフルーツの香りがはっきりとしていて、とてもおいしくいただきました。

ERIKOさんはワーキングホリデーでカナダを訪れたのをきっかけにカナダの魅力を知り、その後もカナダで生活をするようになりました。こういったまだまだ知られていないカナダの食文化やワインを通して、もっとカナダの素敵なところを知って欲しい!という想いから今回のイベントがうまれました。

おいしいワインと食事で笑顔になればこの日参加していただいたお客様同士の会話もはずみ、そこからまた新たなコラボレーションがうまれそうな予感!主催側も参加者もお互い良い刺激を受けて次に繋がる素敵なイベントになり、お腹も心もいっぱいに満たされたのでした。

Studioのスペースの関係上、少人数制のイベントではあるのですが、少人数のクローズドイベントだからこその盛り上がりを体感できました。

YOROKOBI kitchenでは、今後も日本と世界を結んで新しい価値を生み出せるようなグローバルなイベントを企画していきます。
みなさんもぜひ、お試しください!

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly